■日本在住の歴史家マチュー・セゲラ(Matthieu SEGUELA)氏の最近話題となった活動を紹介します。

日本語はFacebookページで紹介しております。

RF本部のウェブサイトでも紹介されました。

 

■アジール・フロッタン復活プロジェクト

ル・コルビュジエが世界救世軍の依頼により、浮かぶ建築とも言える『アジール・フロッタン』(浮かぶ避難所)を設計したことを知る人は少ない。『アジール・フロッタン』は第 1 次世界大戦の混乱により、パリ市内にいた女性難民の収容を目的として1929年に完成したものである。ル・コルビュジエはコンクリートの箱型の船体だけの状態に柱と屋根・水平窓の増築を行い、近代建築としての理想的内部空間を実現している。当時アトリエに所属していた日本人建築家 前川國男が担当し、ノートルダム大聖堂から上流1キロのセーヌ川左岸に1917年から100年ほどセーヌ川に浮かんでいたが、2018年1月からのセーヌ川の増水の影響による浸水事故により呑み込まれてしまいました。今秋に日本からの支援による船の浮上、また桟橋も寄贈・設置され、再び機能ある建築として蘇る。
HP:http://www.asileflottant.net
書籍:アジールフロッタンの奇蹟
著者:遠藤秀平
発行:建築資料研究社

 

 

 

 

【終了したイベント】
第 3 回:日産ゴーン事件を契機に日本の人質司法を考える勉強会 「開かれた京都コングレス」を実現する(日本語・English)フランソワーズ・モレシャンのおしゃれ講座〜時代を読む vol.31
講演会「キク・ヤマタの生涯と作品」大佛次郎記念館
日仏経済学会セミナー
Beyond Cinema -無声映画の名作と室内楽のマリアージュ 『笑う男』『オペラ座の怪人』
プレスリリース(チケット購入情報) VOGUE.COMで紹介されました
シネ俳句フェスティバル(Festival Cinéhaïku)のお知らせ
日本の俳句をテーマにした短編映像作品を募集します。
応募方法等の詳細はこちらより・シネ俳句とは